マゼンタ活動日誌
誰が書くのかわからないスリル満点でお送りします。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
皆様お疲れ様でした                 

 こんにちは、あずみです。
 皆様も書いてくださってる通り、無事入稿も済みまして、本の形になる日をいまかいまかと楽しみに待つ日々です。楽しみです。
 皆様の原稿はpdfファイルで頂いたんですけど、あの、ネットカフェでDLだけしてゆっくり後で読もうと思ったら、……思わず一気に全部読んでしまったという。
 余計な出費 時間を忘れる面白さでした。
 元々マゼンタメンバーって、お友達になる前から作品を読ませて頂いてて、私、くり豆48(りな先生命名。48手も知りませんよ私)にとっては雲の上というか憧れの存在なのですた。
 そんな方々と同じ冊子に作品を載っけて頂くことができて、ちょうしあわせだし、ちょう勉強になりました。
 ていうか皆わざと? 私の好きな? 話を書いてくれた? と思うくらい好みど真ん中ついてくれて、読者としてすごい欲しいですこの本。最後の方だけホッチキスで留めるとよいです。
 エロスはもちろんテーマなのですが、男性向けとはやっぱり違って。
 少女向けラノベは好きだけど、甘味だけじゃなくてちょっと苦味とか酸味とかあるといいのにっていう、大人読者さんにおすすめな感じの本になりました。
 ビターチョコレートてきな。
 いつもお世話になっております瀧沢さんが表紙をやってくださって、カフェとかで読んでも違和感ない恰好良い外観にしあがってます。
 ぜひイベント等でお手に取って頂けると嬉しいです。

 で、えーと、下でりなさんが書いてくださってるコピー本なんですけど。
 私の一身上の理由で、合同誌をやる予定だったゆき嬢と相談の結果、今回は見送りということにさせて頂きました。
 ゆき嬢の書いたものが見たかった皆様ほんとごめんなさい! 次のイベントで必ず出します!
 ちょっと、私事で12月第一週あたりの予定がわけのわからないことになっておりまして、イベント参加も雲行き怪しくなってきたんですが、(できるだけ行けるようにがんばります!)
 ちょっと作業のほうがピンポイントでむずかしそうなので、すみません、です。

 前に理子さんがネタ振りしてくれた「印象に残っているエロスな作品」ですが、
 いまさら答えてみるけど、難しいな。
 こどもの頃、祖父行きつけの喫茶店で渡された漫画が、もうもんのすごく印象に残…っていうかなんていうか目に焼きつくすごさだったんですが、発禁もののやばさな気がする上、タイトルも作者さんも覚えてないので、コメントしづらいのです。でもすごかったんだ。アングラエログロ。
 私の手に取る本が多少アブノーマルのケがあるのって絶対あの原体験の影響だと思う。
 お祖父ちゃん。いつも戦時中の話と野球の話ばかりしていたお祖父ちゃん。あの喫茶店はなんだったのか、もう訊くことは叶わないけど、…いやあの、私たぶん当時6歳くらいだったよ…←

 あと、 何ですか次回テーマって。
 また…ひわいそうな…ことを下のひとがおっしゃっている。いつものことですけど(溜息)。
 ぜひ、皆様のご意見伺ってみたいところですねー。
 読みたいものを挙げるなら「禁じられた関係」てきな… 兄妹が読みたいです。ピンポイントだな。 

: magenta vol.1 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://magenta6.jugem.jp/trackback/12
<< NEW : TOP : OLD>>