マゼンタ活動日誌
誰が書くのかわからないスリル満点でお送りします。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
新刊レビュー そのよん                 


 こんばんは。あずみです。
 いよいよ週末が近づき…
 本日は4作品収録の『百年夜行』、そのトリの作品のご紹介です。


「夜叉の恋」 祈

 地獄に行きたきゃ夜叉に喰われろ。極楽浄土に行きたきゃ夜叉から逃げろ――。里に生まれた幼子ならば皆、母の名より先にその存在を頭に叩き込まれる。
 夜叉。人の血肉を喰らう恐ろしき化け物。
「そんなの本当にいるわけないじゃない。わたしたちを怖がらせるために大人たちが考えた嘘よ。そんなこともわからないの?」
 大人が聞けばなんと生意気な、と眉を顰めるだろう言葉を、桜華は悪びれることなく吐き捨てる。


 高慢で、美しくて、媚びない、十歳のあどけない少女。
 巫女姫――桜華。
 「唯一、夜叉を殺せる」といわれている金目の少女は、生意気で恐れるものなど何もない、そんな様子で夜叉の不在を少年たちに語ります。

 少女にのまれるばかりの少年たちの中で「お前、それでも巫女姫かよ!」と声をあげる者が。
 父母を夜叉に殺されたという少年、乱丸。
 かしずかれるのが当たり前だった桜華にとって、その小汚い少年は異質の存在でした。
 反発しあいながらも、どこか気になる部分を互いに持ったのでしょう、少年と少女はその夜、もう一度会うことになります。

 そこに現れたのは、夜叉。

 一夜の狂気が二人の未来を隔てた……。
 桜華のかなしい選択の果てを、後はもう渦に呑み込まれるように見守るしかない、そんな物語です。


 魅力のひとつは、スピード感。
 テーマ曲にのせて、たとえば鋭く華やかな「百年夜行」イントロのように、斬り付けるように場面が展開する。
 『DIVA』という企画、音楽×小説という部分を、すごく生かせているなあ、と思いました。
 

 そしてヒロイン、桜華の魅力。
 鼻持ちならない造形になってしまいがちで、勝気な女の子を魅力的に書くのは難しいと思うのですが、祈ちゃんの書く勝気で強がりな女の子は、それが大きな魅力になるのがふしぎ。
 周りが一目置いてしまうのも、乱丸がついつい近づいてかまってしまうのも、わかる、あやうい強さと儚さのバランス。
 「花と魁」のヒロインも素晴らしかったですよね♪

 10歳の時の彼女と、18歳の時の彼女も、あまり外から見たら変わっていないようにみえるかもしれないですが、内なる「変化」がいとしくて、ぎゅっとしたくなります。

 そして彼女の、私的一番「推し」ポイントは、告白シーンの良さ!(ちょっとネタバレ)
 たくさん恋愛小説を読んできてはいますが、ハッ、とするような、こんなに胸をつかれる告白されたら泣いてしまうわ! というのが… 「ビューティフルワールド」もそうだったんですが、私の中では祈ちゃんの小説がダントツです。
 今回も目が熱くなりました…。


 最後に味わうにふさわしい、色んな満足感のある小説です。
 祈ちゃんはそういえばトリ率が異常に高い。


 …君がため 惜しからざりし 命を捧ぐことも厭わず…


 全四作品、いずれも読み口の異なるとりどりの「赤い」短編集です。
 小説を書かれる方は特に、各人の工夫や歌詞の意味の切り取り方なども、興味深く読んでいただけるかなと思いますので、ぜひお手に取ってみてください。

 お付き合いありがとうございました!

: レビュー : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://magenta6.jugem.jp/trackback/86
<< NEW : TOP : OLD>>