マゼンタ活動日誌
誰が書くのかわからないスリル満点でお送りします。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
新刊レビュー そのさん                 
 今夜もこんにちは、祈です。
 さっそくレビューそのさんいきまっす!

 

「おしらの緋」ひより


 母方の実家に連れてこられた少女、繭。
 古い歴史と伝統を持つ名家、五鬼童家を束ねる祖母と、奔放に生きる母。
 五鬼堂家に忌み嫌われ迫害される少年カヤ。
 百鬼道中を飾る「夜行さん」――

 怪しく、静かな物語。

** 


 今回「百年夜行」というテーマを元にそれぞれ独自の物語を書きましたが、最もこの曲のイメージ通りなのがこの「おしらの緋」だな、とまず初めに思いました。
 それは歌詞をそのまま使っている、ストーリーにしている、という意味ではもちろんなく。
 物語を読む間中頭の中に「百年夜行」が流れているような、自然な感じ。
 魅力や注目点はたくさんありますが、特筆すべきは「雰囲気」と「少年少女のあやうさ」です。

○雰囲気

 舞台は東京。しかしビルの立ち並ぶ都心ではない、東京のはずれ。
 コンビニもあればスーパーもある。田舎すぎるわけでもない、私たちの住んでいるごく普通の街を想像していだければいいと思います。
 繭の母方の実家、五鬼童家は街に多大な影響力を持つ名家。
 現在五鬼童家をまとめる繭の祖母、快子がじつに喰えない人物です。静かで、でも圧倒的な存在感のある、まさに家の長。
 この地方には百鬼道中というお祭りがあり、その主役が「夜行さん」といわれる女役です。
 私はこういった伝承系の知識に疎いのですが、それでも分かるくらい雰囲気が出ています。

 娘が馬と、死にました。
 馬の首から、糸紡ぎ、
 おしら遊ばせ、絹を織る。

 ここだけでもどきどきしませんか?
 私は読んでいてとてもどきどきしました。
 語彙力がなくてうまく伝えられないのがもどかしい……
 読んでいると引き込まれる、静かで怪しい雰囲気に吞まれます。


○少年少女のあやうさ

 次に主人公、繭。
 女の子としての可愛らしさは、ありません。少女小説の主人公によくある「前向きに頑張る子」「女の子らしい女の子」とはまるで違います。不自由なく(金銭的な面で)育ち、しかし複雑な家庭環境に育った繭は実に等身大な「女の子」です。少し生意気で、傲慢で、でも大人にもなりきれず、かといって子供でもない。
 そんな等身大の女の子が実に自然に描かれています。
 次に、カヤ。
 この子がまたとても不思議で、でも魅力的。
 生意気とは違う、とても達観していて、それでいてあやうげで……読まないとカヤの怪しい色気は伝わらない! と思うのでぜひお手にとってご確認ください。
 とても冷めているカヤですが言葉の一つ一つが鋭いナイフのようで、でもそんなカヤを繭は気になって仕方ない。繭とカヤ、彼らのやりとりが実に印象的です。
 少年少女の危うげな雰囲気とでもいうのかな、とにかく読んで! 感じて! 


 伝わったかな……?
 とにかく物語の内容はもちろんですが、読み手を引き込む圧倒的な雰囲気があります。
 これは本当に読んでほしい。
 多分、読み手によって感じ方は多々あると思うのですが、少年少女のやりとりには胸がきゅっとなるはずです。


  火をもとめるは こちらへどうぞ
  




: レビュー : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
新刊レビュー そのに                 
 お久しぶりです、祈です。
 さーてさっそく「DIVA3」レビューいきまっす!


「罪の名は、戀」あずみ


 一度は死んだ「俺」が目覚めた場所――地獄。
 力仕事は現場の役目、地獄の「俺」の仕事はお役人。
 爆乳お色気閻魔様にスカウトされた「俺」の仕事内容、それはおっとり美少女を救うこと。
 見た目は可憐なお嬢様「鹿乃」。
 地獄にはとても似つかわしくない彼女が地獄に留まるのには、理由があった。

 会いたい人がいる。
 だから、ここにいなければならない。
 なぜなら私は罪人だから。
 私は「彼」を裏切ったから――。

 鹿乃の過去、閻魔の思惑、「俺」の正体。
 けして綺麗な戀ではない。
 でもそれは確かに、戀だった。


 罪の名は――戀。


 簡単なあらすじかつあおり文はこんな感じで。
 ある日「俺」こと主人公・館野慎は地獄で目覚めます。地獄に行くような悪行をしたわけでもなければ、生前善行をしたわけでもない「俺」。そんな彼はお色気閻魔様にスカウトされ、地獄のお役人として地獄での生活をスタート! 
 幕開けはこんな感じ。
 地獄、っていうとどうしてもどろどろ、怖くて暗くて――なイメージが強いと思うのですが、このお話の「地獄」はやけに現実的です。閻魔や鬼もいれば、拷問もある。そんな描写は精緻で目に浮かぶようですが、あずみさんにしては珍しいコメディタッチな筆致とあいまってとても読みやすい雰囲気。
 まずは閻魔様がいいですね。登場回数は少ないけど、変に人間界に詳しかったり、かと思えばちょっと時代遅れの知識をもってたり――と面白いです。でもブラックな面もあって、この人敵に回したらきっと怖い。

 慎の仕事は美少女・鹿乃を見守ること。
 鹿乃には忘れられない過去があります。
 とても痛々しくて、あってはならないことで、正直その過去の部分は読んでて目を背けたくなりました。
 また、鹿乃には忘れられない人がいます。

 鹿乃の過去に向き合いながら、慎は自分の中にある気持ちに気づきます。
 でもそんな慎にも秘密があって――。

 何か一つでもいうと大きなネタバレになってしまうので、難しい。
 でもこのお話、終盤に大きなオチがあります。
 そこで「おお、そうだったのか!」と驚かされるのですが、最後の最後でさらなる大きなどんでんがえし!
 どことどこがその場面なのが、ぜひ本文を読んでお楽しみください。

 今回、今までとはだいぶ作風が違います。
 あずみさんの文章はとても精緻で細やかところが魅力的なのですが、このお話はそれ+コメディタッチな軽いノリがあってリズミカル。個人的には新しいあずみさんが見られて面白かった―!

 理子さんのお話はしっとり和風な恋物語。
 こちらはコメディ、だけどシリアスで複雑な恋物語です。
 
 恋、っていろんな形があると思うのですが、このお話でいうならば……なんでしょう。
 見守るのも一つの「恋」の形だし、嘘をつくのもある種の「恋」の形なのかな、と思いました。
 舞台は地獄。そこで繰り広げられる、静かで、でも複雑な「戀」をお楽しみください。

 
 DIVAフレーズなら……

 迷い道の遊びを……紡いでゆく





 
: レビュー : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
新刊レビュー そのいち                 


 こんにちは、あずみです。
 本日はお知らせ1件と恒例新刊レビュー1発目です。

 まずお知らせを。
 同人誌紹介サイトstraycat様にて、先日の文フリ新刊、「花と魁」のレビューを掲載していただきました。
 創作同人界の片隅でちまちま活動している弊サークルですが、見てくださってる方がいるんだな、ととても励みになりました。レビューを寄せてくださった小泉哉女様、ありがとうございます。
 …「花と魁」、まだまだイベントに持ち込みますので、お見かけの際はよろしくお願いします。とちゃっかりCM。

 さて、新刊「百年夜行 DIVA vol.3」の収録作品を、頭から紹介させて頂きます。
 ネタバレが嫌、という方は、引き返してくださいませ。


「朱華」 理子


「取引を、しよう……鬼姫」
 自分を見下ろす異形の姫に、藤二は精一杯気丈に持ちかけた。
「俺は、この先ずっと、お前の〈餌〉になってやる。いつでも、好きなときに、この体を食らっていい。だから……」
「里の者には手を出すな、と? ――はっ」
 鬼姫は喉を反らせ、嗤うような息を吐いた。
「子童にしては大した度胸だ。……そうだな。お前の味に飽きるまでは、餌として飼ってやってもよいぞ」

 
 里長の娘の身代わりとして、化け物の「贄」となった少年、藤二。
 彼の前に現れたのは、真紅の髪と壮絶な美貌を持った、十四、五歳ほどの、美しい鬼だった―。

 目に浮かぶような色彩的なシーンからはじまるこの物語。
 雰囲気は説話集のよう、あやかしとひとが同居する、日本むかしばなしです。

 …が、しかし。
 この色っぽさ、甘酸っぱさは、むかしばなしには…ない。
 
 三年、五年。
 少しずつ体を贄として与えながら、鬼姫の元で過ごす藤二は、目覚ましく成長していきます。
 十三歳の少年が、十八歳の一人前の男に。
 反面、鬼姫の容貌は、出会った時から変わりません。

 あやかしとひと――時の流れが違うのでしょう。
 山仕事や狩りの中で筋力もつき、鬼姫を圧倒できる体格になったにも関わらず、藤二は、けれどずっと彼女の傍にあり続ける。
 喰われる痛みも、何のその。

 …愛ですね。そしてキュンです。
 そして、理子ちゃんも後書きで書いてますが、大男と少女の体格差は萌えですね。それでずっと一緒に生活してるとか…。餌と主人とか…どうしたらいい…。

 二人きりの世界。

 どうして、このまま彼らを放っておいてくれなかったのか…!

 というやきもきに苛まれる後半ですが、あんまりネタバレしても良くないのでこのへんで。

 理子さんは「強い女の子が好き」とおっしゃるのですが、私は、彼女の書くヒロインは強くないと思います。めちゃくちゃに強がって、そのためには大抵のことを耐えてしまうから、一見強く見えるけど、実のところはとても健気なひとりの女の子。
 の孤独に、やがて気付いて行く藤二が、いよいよその気持ちをぶつける… そのシーンはぜひ、本で読んでください。

 まっすぐで世慣れてなくて、少年ぽさを残したまま彼女のすべてを受け容れようとする藤二…
 とてもいい男でした。
 頭にふさわしい、華やかな恋物語。

 せっかくのDIVAなので、あの歌詞の中で、一番このお話のイメージに合うフレーズを勝手にあげるとするならば、


 「君と魅た夢が舞い散る 呼吸を忘れるほど切なく」 (@Polyphonic Branch)


 ここ。です。ネタバレぎりぎりですね。読むひとによって違う部分だと思うので、ぜひ、読み終えた方は異論反論お寄せくださいませ!

 それでは、次のレビューにバトンタッチします〜。

: レビュー : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
DIVA3おしらせ!                 
 こんにちは!
 毎日あついですね…!お元気ですか…!ひよりです!
 あつさにはほとほと参っていますが洗濯物がよく乾くことはありがたいです。雨がふるとエー…って気持ちになってしまうので、これはこれであつさに調教されているのかもしれませんね!

 おしらせです!
 したの記事であずみさんが告知してくださっているように、マゼン隊コミティア101に参加します!新刊はDIVAで曲は「百年夜行」です!
 告知ページはこちら↓

 

 百年夜行の表紙をクリックするとざっくりとした内容紹介のページに飛びますのでよろしければぜひご覧ください。
 赤いミクさんの妖艶な表紙にふさわしく、みんなとっても赤い物語になりました!四人本、ページ上限はマゼンタ本誌以上も可ということでとても読み応えのある一冊に仕上がったとおもいます。
 はじめてのコミティアなので今からどきどきですが、とりあえず新刊を持って行けそうなのでひとあんしんです!

 ではでは!
 取り急ぎご報告までに@ひよりでした!
: おしらせ : comments(2) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
コミティア新刊表紙                 



 こんばんはー! 夏コミ組の熱気がうらやましい今日この頃ですが、マゼンタは9月2日のコミティア101で新刊を出すべく、締切前の追い込みにかかっております!  私が一番やばいっていう


 そんな中、今回表紙を担当してくださったツクモ様から、完成絵が届きましたのでお披露目です!
 

    
      

   ひらひらと恋が舞い散る

   百年夜行 私を連れて

   はらはらと涙 流れる

   月は嘆く 嗚呼…


                     (作詞・作曲・編曲  PolyphonicBranch様)


 

 ラフをいただいた時から「美しすぎる!」と全員で叫び続けた和ミクちゃん。
 裏表紙まで一枚絵になっていて、妖艶で悲恋的な曲のイメージが伝わってくるような、迫力あるイラストです。
 ツクモさん、お忙しい中すばらしい絵を渡してくださって、本当にありがとうございます!!

 小説内容は…
 先日会議でみんなの話を冒頭だけ見せてもらいました。とても… 赤いです…←

 今回は、原曲様の歌詞に「狐火」「百年夜行」「鬼」「命を捧ぐ」と、なかなか限定的なワードが入っていたので、正直ネタかぶり怖いね☆と言ってたのですが、それぞれの良さが出た話になってそうです! マジで!
 ていうかそういえば、今回のみんな和得意だったね! と思い出しました…! ひいい 怖い 
 同じ本に載るお話が面白いって、いいことじゃないかとお思いかもしれませんが、いえ実際いいことなんですが、その分自分がレベルを落としてしまわないかものすごい緊張するのですよ…。多人数サークルならではです。

 全員分のお話があがったら、またHappy Readingさんなどなどで紹介したいです!
 9月以降のイベントで、良かったらお手に取ってくださいね。
 よろしくお願いしまーす! あずみでした。


追記: あっスペース出てます! つ15b magenta です。よろしくお願いします!

: おしらせ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
次回イベント参加                 
 

 こんにちはー! あずみです。毎日暑いですね!
 九州のほうは記録的な豪雨とのことで心配ですが… 皆さまのご無事をお祈りしつつ。

 下の方でひよりちゃんがちらっと書いてくれてますが、公式さまから「著しい不備がなければ皆様にスペースご用意できます」とのご案内をもらったので(だいぶ前にな…)おそらく大丈夫と踏んで正式にアナウンスです!
 

   

 COMITIA101 に参加します!

日程 : 2012年9月2日(日)11:00〜16:00
場所 : 有明・東京ビッグサイト東5・6ホール 

新刊予定:DIVA3 「百年夜行」 (ボカロ音楽×小説の競作シリーズ第三弾)  

 なんか画像上手にトリミングできてなくてすみません。元々PCに入っていたペイントで作ってしまうやつです。汐日さんの美しい絵が泣いてしまう…。

 毎回素敵イラストレータさんに表紙を飾っていただいている「DIVA」シリーズですが、今回もとてもとても美しい本になりそうですので、ぜひ当日スペースでご覧いただければと思います♪

 PolyphonicBranchさまの名曲「百年夜行」からインスピレーションを受けて、何人かの作家が同じテーマで物語を綴ります♪ 今回は和ロック! ということで、原曲のファンの方も、ボカロ知らないやって方も、お手に取ってみてくださると嬉しいですー!

 コミティアは初参加なので、おたおたしてると思います、どうぞ話しかけてやってください…!

 コミティアの次は間をおかずに11月の文フリに参加予定です。そちらでも新刊を予定しておりますので(そろそろスペースがいっぱいなんですが・笑)続報をお待ちくださると嬉しいです☆

: イベント : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
「花と魁」通販終了 ありがとうございました!                 

 こんばんわ、ひよりです!
 前記事の祈たんに続き、「花と魁」も通販が終了致しましたことをおしらせいたしますー。
 改めまして、通販をご利用くださった方々、どうもありがとうございました! 自家通販のため、至らぬ点等目立ったかと思いますが、ご利用頂けて本当に嬉しかったです。お手に取ってくださった方々のお気に召すよう祈るばかりでございます。

 ちなみに、「ビューティフルワールド」「花と魁」の通販は終了致しましたが、引き続きマゼンタ本誌とDIVAは受け付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

 そしてここ最近のブログはいろんな方が記事書いてくれて非常にバラエティ豊かでしたね!いつも私ばっかが書いてて見てくださる方に申し訳ないと思っていたんだ…!
 マゼン隊のみなさん、今後もどんどん書き込んでくださっていいんですからねー!ウフフフ!

 ちなみに今マゼン隊なにやってんの?って感じですが、次回イベントの準備をしています!
 次回イベントは、一応コミティアを予定しておりますー。夏です! というのも、次回の文フリ(秋)がティアとバッティングすると聞いて、「そっかー、ティアって一度出てみたかったんだけど文フリとバッティングしちゃうんだねー、残念だねー……、え、あれ、ティアは夏にもあるんじゃね?」ってなって、勇気を出して申し込んでみよう!←イマココ な感じであります。のでまだ申し込んでいません!
 まだどうなるか全然わからないのですが、夏のティアではDIVA3を予定しております。曲は…そうですね、がっつりかっちり固まってきたらまた発表させて下さい!

 ではではー!

: おしらせ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
「ビューティフルワールド」通販終了                 

こんばんは、祈です。
文フリ楽しかったー!
詳細レポはマゼンタ宣伝部長・あずみさんが書いてくれたのでぜひそちらをごらんください。


通販についてのご連絡です。
まことに勝手ながら新刊「ビューティフルワールド」が既定数に達したため、通販を締め切らせていただきます。
文フリ会場で御手にとって下さった方、通販申し込みをして下さった方、こころから感謝申し上げます。
ありがとうございます。

なお、「花と魁」はひきつづき受け付けておりますのでよろしくお願いいたします!
: おしらせ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
新刊通販開始!                 

 お問い合わせくださった方ありがとうございました!

 新刊「ビューティフルワールド」(800円)・「花と魁」(300円)の通販ですが、諸事情により新刊は5月31日までの申し込み(期間限定)で窓口を開けたいと思います。
 5月31日までで一旦締め切ります(残部少ないので、その前になくなった場合もいったん終了します)ので、どうぞお早めにお申し込みください!
 もちろん既刊(「magenta」「DIVA」)と組み合わせていただいてだいじょうぶです。

 通販方法はこちらをご覧ください。

 楽しんでいただけますように…。
: おしらせ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
第14回文学フリマ お疲れ様でした                 

 こんにちは、あずみです。 
 ゴールデンウィーク最終日、5月6日に開催された第14回文学フリマに、我がマゼンタも参加してまいりました。

 第11回、第13回に続いて三回目の参加。スペースに並べる本の数も増えてきました。




 前回文フリとの設営の違いは、

・ポスター立てを使用してA3ポスターを飾る(お品書きも兼ねて)。
・新刊を立てて飾る。
・「magenta」「DIVA」シリーズ共通の帯を新調。キンコーズ出力で鮮やか発色。
・値段表(タイトル・ページ数・版型・値段)の文字を大きく見やすく。

 …という感じでしょうか。前回の方が、高さ的に目立ってたのかなってところもありながら。
 前回の反省や、ほかのサークルさんを見て、いいなって部分を取り入れたりしました。
 ポスターも、近づいたら声掛けられるんじゃないかって遠巻きなお客様が、少し離れて、見てくださってた雰囲気。
 値段がわかりやすいっていうのと手に取りやすいっていう部分が、私が自分が回るときに嬉しい部分なので、いちばん心がけました。

 がけましたって言ったって、ポスターを作ったのも実際に設営したのもひよりちゃんなんですけどね!(笑) こうして欲しいなって口ばっかりな私。その間、祈ちゃんは新刊のカバー巻をしてくれました。役立たずですまない…。
 今見ると、イラスト表紙とデザイン表紙、まんなかで別れてる! 色合いもなんだか、黒プラス暖色、シック華やかな感じで全体の調和がとれてきて、まとまってていい感じですね。全部デザイナーさんと絵師さんのお力です。「きれいですね!」って言ってくださった方複数いらして嬉しかった。
 新刊ふたつもすごくデザイン的にも凝ってて、長く保存したい本になったと思います。手前味噌ですが。

 それで、頒布数なんですけど、…ちょっと驚くくらい、出ました。
 前回参加の、5倍以上+無料配布本もすべてなくなりました。

 前回・前々回と、まったく知り合いのサークルさんもおらず、とてもまったり参加だったんですが、今回Twitterでお知り合いもでき、あこがれの作家さんがわざわざ来てくださったり、差し入れを頂いたり、チェックしてくださってたのかあまり悩まず買っていってくださる方がいらっしゃったり。嬉しいことがたくさんありました。
 前回「愛のタダ本」を配ったことや、今回の文フリにあわせてさまざまな宣伝ツールができたこと、文学フリマ非公式ガイドブックでご紹介いただいたこと(新刊枠です。委員会からは「場合によっては掲載されない」ときちんとご説明いただいてました。いいガイドブックが作りたいという意気込みを感じました)などなど、いろんな要因があったのだと思います。

 正直、あんまり売れないなあ…と思って、個人的にちょっと心折れかけることもありました(笑)。
 でも、非公式ガイドブックや、その流れでいろんな方が文フリを盛り上げたい、と始めた情熱的なこころみが第14回を盛り上げてくれて。個人的にも20冊以上、立ち読みサイトがなかったら出会えていなかった本を買うことができたし、密度のある一日を過ごすことができて、ほんとに楽しかったです! 文フリが、好き。そう思えるイベントで、今後もあってほしいなと思います。

 サークルとしては、まだようやく名前を認知してもらった段階。買ってくださった方に「また行こう」と思って頂けるか、毎回のぞいて頂けるサークルになれるか、というのは、まだ全然読めなくて。毎回の新刊を全力でやっていくしかないと思います。けっして文フリの相場から見れば安くはない本なのですが、それに見合う満足度をお届けできるように。一層精進します。

 あと壁際すごい助かりました、ほんと助かりました、次回もぜひこの場所がありがたいです…と配置について感謝の意を…! カバー巻くスペースがあってめちゃくちゃ助かりました。カバー巻いてくれたのも私以外の三人なんですけどね! わ、わたしあのひいったい何の仕事をしたんだろう…?

 と、取り急ぎ、ありがとうございました! またお会いできますように!



http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20120506
: イベント : comments(0) : trackbacks(0) : posted by マゼン隊 :
<< : 3/10 : >>